ブログを更新しなかった3つの理由と、ブログを再開するたった1つの理由

f:id:onotaku75:20170704205550j:plain

お久ぶりです、おのたくです。

 

最後にブログを更新してから、なんと半月も経過していました。過去の記事を整理したところ、4月を最後にまともにブログを書いていないことが判明しました。呆れるでもなく、もはや失笑もんです。

 

僕がブログを始めたのが今年の2月なので、驚くことに3ヶ月も開始直後のモチベーションを保てなかったんですよね。

 

ところが、あることがキッカケとなり僕はこうして再びキーを叩いています。

 

続くか分からない。

失敗するかもしれない。

誰にも読まれないかもしれない。

 

それでも、またブログを書きたいと思う。まるで初期衝動に駆られるかのような気分だ。

 

今なら胸を張って宣言できる。

 

ブログ再開します!

 

 この記事では、僕がブログを更新しなかった3つの理由と、この度ブログを更新することを決めた1つの理由について触れていきます。

ブログを辞めかけている方は、どうか反面教師にしてください。

 

 

 

ブログを更新しなかった理由

まずは、ブログを更新しなかった理由から説明させていただきます。説明というよりかは言い訳ですが…

 

①ジッとしてられなかった

これは今も治らないのですが、とにかくブログを書く30~60分間ジッとしてられないんですよね。

 

椅子の上で正座したり脚組んだりは序の口、TwitterやYoutubeを開いたり、部屋の掃除をしたり。ときには飽きたからと記事を削除したり…。このように、とにかく集中できませんでした。

 

アルバイトをやめて在宅で仕事をするようになってからは、「スイッチが入れば超集中できる」くらいまでには改善されました。

 

 

②即金性のあるクラウドソーシングに没頭していた

Webライティングと簡単なコーディングを覚えてからは、クラウドソーシングを使って在宅で仕事をするようになっていました。

 

ある程度まとまった収益が発生するまでタイムラグがあるブログと違って、クラウドソーシングはとにかく即金性があります。働きに応じた報酬が貰えるわけですから、至極当然のことです。

 

初めたての10日間で運にも恵まれ約5万円を稼げてしまった成功体験のせいで、僕はクラウドソーシングにドハマりしました。

 

酷いときには眠ることさえ惜しいと思うくらいにはハマりました。自分の働きが一の位までキッチリ表示されているのを見ると、ゲームでハイスコアをとったかのような高揚感がありました。

 

このようにクラウドソーシングにハマったがために、即金性皆無なブログからは自然に遠ざかってしまいました。これほどまでに猿のようにハマったのは久々でした。

 

合わせて読みたい!

まだバイトで消耗してるの?中卒の僕でもWebライターになれた

 

③パソコンが使いこなせなかった

これよ、これ!

 

僕はブログを始めるまで、パソコンを動画を視聴するためかネットゲームをするためにしか使用していませんでした。つまりは、全く使いこなしていなかったんですよ。

 

タイピングは亀の歩みより遅く、クロームの拡張も知りませんでした。なんなら、タッチパッドも上手に使うことができませんでした。

 

そんなズブの素人がブログを書いていると、自身の作業スピードの遅さにイライラしてしまうんですよね。思考がタイピングの先を行ってしまうので、とにかくフラストレーションが溜まります。

 

そんな状態が続くと、「もういいや…」と投げ出してしまうのです。試合に出してもらえないからと、素振りを辞めてしまう野球少年みたいなもんです。

 

今でこそストレスにならないくらいにはパソコンを使えるようになりましたが、その当時の作業スピードは酷いものでした。

 

ブログを再開するのは、情報をきちんと咀嚼するため

さて、ブログの更新が滞っていた理由はなんとなく理解していただけたかと思います。要約すると、根気が無かっただけです。

 

そんな僕がブログを再開するのは、情報をきちんと咀嚼するためです。

 

この数か月の間で、僕の中に流れ込んでくる情報の量は何倍にも増えました。

 

僕が意識的に情報を取り入れようとしたことがなによりの原因ですが、環境が変わったことや行動範囲が広がったことも原因です。

 

そうしてただただ増え続ける情報は、適度に吐き出さなければ体内で腐っていきました。入ってくる情報があまりに刺激的で、眠れなくなることもありました。

 

抽象的な表現ですが、インプット過多によって苦しい思いをしたのが事実です。 

 

そういったことを未然に防ぐという意味でも、ブログを書く目的になりえると考え再開を決めました。あまりに抽象的すぎて、自分でもよく分からなくなってきた…。

 

まとめると、ブログが恋しくなったってことだよ!

 

久々に書いたブログは楽しかった

ブログを辞めてしまいたくなった際には、どうぞ僕を反面教師にしてください。

 

辞めるも書くも自由ですが、やはり続けることにこそ価値が宿るのではないかと今の僕は考えます。もちろん、辞めてしまったことでさえもネタになるのがブログの良いところなのですが。

 

久々に書いたブログはムチャクチャ楽しかったです。

 

そんなわけで、改めて小野寺拓己をよろしくお願い致します。