ツラすぎる!在宅ワークを始めてから眠れなくなりました

f:id:onotaku75:20170706183233j:plain

こんにちは、おのたくです。

 

在宅ワークを始めてからというもの、全く夜眠れません。ぶっちゃけ、むっちゃしんどいです。 

 

乱れまくった生活リズム

在宅での仕事を始めてからというもの、とにかく生活リズムが乱れてしまいました。

 

0時前に床に就けど、目がらんらんと冴えて眠ることが出来ません。気が付けば、時刻は午前4時をまわっていることもあります。

 

日が昇ってからようやく眠りに落ち、目が覚めたころには午後1時を過ぎています。控えめに言って、クズみたいな生活しています。

 

 

眠れない原因はデスクワーク?

では、一体なにが原因で眠れなくなったのでしょう?

 

考えるまでもなく、デスクワークが原因でしょう。

 

日本人に不眠が多い理由のひとつに、脳は疲労しているのに体はそこまで疲れていないことが挙げられます。特に、不眠のデスクワーカーに多くみられます。

 

今の僕は、まさにこの状態です。

 

夜遅くまでパソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトを浴びていることや、脳が興奮状態のままだと眠ることが出来ません。

 

それらを理解していても、中々作業の手を止めるというのは勇気が要ります。

 

手を動かしている間は、効率が良くないにしろ賃金が発生しますからね。その結果、起きている間はダラダラとパソコンに向かってしまいます。

 

うーん、非効率すぎる(笑)

 

ルールを作ることで睡眠改善

多くのフリーランスの方が口を揃えて仰るように、作業時間を固定することによって生活リズムの改善を図ることができます。

 

参考:「時間と場所に縛れない」働き方を追求したら「公務員化」した | こぶろぐ

 

現在、僕は時間がある限りダラダラとパソコンに向かっているので、作業時間や場所をルール化していく必要があると思います。

 

例えば今日は、「90分作業して30分体を動かす」というルールを設けてみました。脳だけでなく、しっかり体もバランス良く疲れさせることが目的です。

 

また、仕事場を自宅からコワーキングスペースなどに移すことで、作業時間をある程度固定できます。

 

幸い、地元には良さげコワーキングスペースがあるようです。移動に20分かかることだけが残念ですが…。

 

参考: コワーキング・スペース鶴岡 『エキイチ』 オープン

 

このように、デスクワークによる不眠って割と簡単に対策できるんですよね。

 

まぁ、そんなことは百も承知なんだけどね!?

 

カンタンには出来ないんだよ!!

 

クズだから!!

 

あとがき

この記事は自分への戒めのつもりで書きましたが、案外僕と同じ悩みを抱えている方は少なくないのかもしれません。

 

参考:疲れているのに、眠れない。 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

この短期間で、自分のキャパをしっかり把握し、メリハリをつけて休息をとることがいかに大切かを身を以て学びました。

 

むっちゃ反省しています。

 

自分の生活サイクルを見直し、これからは健康的かつ効率的に働きたいと思います。