【速報】話題の #Macbookおじさん に支援していただきました!

f:id:onotaku75:20170729011507j:plain

 

f:id:onotaku75:20170728163432j:plain

 

 

f:id:onotaku75:20170728163503j:plain

 

ハァハァ……

 

f:id:onotaku75:20170728163552j:plain

 

ハァハァハァ……

 

f:id:onotaku75:20170728163647j:plain

 

 

シャッ!

 

 

f:id:onotaku75:20170728163708j:plain

 

 

デンッ!

 

 

f:id:onotaku75:20170728163728j:plain

 

 

デンッ!

 

 

f:id:onotaku75:20170728163747j:plain

 

ドンッ!

 

 

Macbookを支援していただきました

改めましてこんにちは、中卒フリーランスのおのたく(@Derra_86)です。

 

つい数日前に、高知から始まったこの「#Macbookおじさん」活動。すでに皆さんもご存じかと思います。

 

「知らんがな!」という方は、こちらの記事を読めばあっという間にその全貌を把握できます!

 

 さて、ご覧のように僕のもとにもMacbookが届きました。そうです、なんとMacbookおじさんから選んでいただけたのです!

 

支援してくださったのは、プロブロガーのタクスズキ(@TwinTKchan)さん。僕と同じく山形出身のプロブロガーです。

 

タクスズキさんには、Macを支援していただいただけでなく、VALUについてもたくさんの事を学ばせていただきました。

 

本当にありがとうございました。

 

 それだけでなく、なんとイケハヤさんにも選んでいただきました!

 

すでにタクスズキさんからメッセージをいただいていただので、Macは辞退させていただきましたが、VALUで支援していただきました。

 

先月ぶんたハウスを訪れた際には、僕が寝坊してお会いすることができませんでした。悔しかったな~!

 

#Macbookおじさん に応募した動機

僕がこの企画に応募した動機についても触れましょう。

 

僕がMacbookおじさんにメッセージを送らせていただいたのは、僕という存在を認知してほしかったからです。

 

僕がこれまでやってきたこと、これからやろうとしている事を知って欲しかった。そうすることで、次へのステップが踏みやすくなると考えたのです。

 

こんな事を言うと怒られるかも知れませんが、Macbookそのものへの興味は二の次でした。 

 

なにせ、僕にはアルバイトをして購入した富士通のノートパソコンがありますから。ほんの少しの不満こそあるものの、わざわざ他人様を頼る必要はありません。

 

もちろん、Macは喉から手が出るほど欲しかったです。実際に手に入ったときのテンションの上がりようを見ていただければ分かるはずです。

 

f:id:onotaku75:20170728163503j:plain

 

ほら、この表情ですよ。

 

このように、ただ単にMacが欲しいだけだったら、僕はこの企画には応募していなかったでしょう。

 

ただMacbookを上げるだけでないことが、この企画の重要なポイントになっているのだと僕は考えます。

 

僕がこれまでやってきたこと、これからやること

補足ではありますが、僕がこれまでやってきたことと、これからやることについても説明します。

 

僕は16歳の夏に高校を中退し、それから2年間はなんとなくUCバークレーを目指したりしつつ、いわゆるフリーターをやっていました。

 

今年の二月に通信制高校を卒業できなかったことをキッカケに、パソコンで稼ぐということを知り、田舎フリーランス養成講座を経てフリーランスデビューしました。

 

合わせて読みたい!

【田舎フリーランス養成講座】1ヶ月で僕はこんなにも変われた

 

ライティングと簡単なサイト制作をさせていただいており、人ひとり生きていくだけのお金を稼ぐことができています。

 

現在は、僕と同じような中卒や不登校・引きこもりの若者を支援するためのメディアを作ることに焦点を合わせています。

 

これについては、後日詳細を追記させていただきます。

 

さいごに

このブームを通して、僕はたくさんの面白い人を知ることができました。

 

これから先、彼らとともに面白い時代を創っていくのだと思うとワクワクします!

 

このMacbookおじさん企画は、一過性のブームに終わることなく、少しでも長く続いてくれると嬉しいなと思います。

 

最後になりますが、タクスズキさんをはじめ、ブームの源流であるイケハヤさんやその他多くのMacbookおじさんの皆様、ありがとうございました。

 

これからも僕は走り続けます!

 

▼総合ページ

MacBookおじさん.com

スポンサーリンク