「さすが中卒!」とよく煽られる僕のポンコツエピソード

f:id:onotaku75:20170804182054j:plain

こんにちは、中卒(@Derra_86)です。

 

皆さん、この記事はもう読みましたか?

 

参考:本当に早稲田?と聞かれる、ぼくのポンコツエピソード3選 - けいぼーのブログ

 

こちらの記事は早大生ブロガーのけいぼー(@keibou_com)さんのものです。

 

早大生なんて、高校を辞めている僕とは正反対の存在じゃないですか?だから、あの記事を読んだ瞬間に僕はこう思ったんですよね。

 

「早大生が気安くポンコツ語るんじゃねぇ」

 

早稲田大学に入学できるくらい地頭のいい人がポンコツなわけがありません。絶対に頭いいじゃん、僕は騙されねぇぞ。

 

そこで、この記事では僕がよく「さすが中卒www」と煽られるポンコツエピソードを3つご紹介します。

 

僕こそが真のポンコツであることを、ここに証明しようと思います。

 

 

1.都道府県が分からない

僕も、都道府県が全く以て分かりません。いや、ホントに。

 

けいぼーさんも先の記事でこのように述べています。

都道府県がわかりません。 位置がわからないとかではなく、聞いたことない都道府県がいまだにあります。

本当に早稲田?と聞かれる、ぼくのポンコツエピソード3選 - けいぼーのブログ

 

さすがに、聞いたことがない県はありませんが、とにかく位置関係が分かりません。

 

これが、山形と仙台と福島だけで育った人間の現実です。覚えておいてください。

 

2.待ち合わせ時刻に間に合わない

僕は、待ち合わせ時刻に間に合うように行動することが出来ません。 

 

朝寝坊もよくしますし、集合場所までの道中で寄り道してしまうこともあります。

 

運よく余裕を持って起きられたとしても、大抵またベッドに倒れ込む。そして、遅刻する。

 

僕くらいの経験値を積むと、起床したときに「イマから家出るところ」、目的地の道中の半分くらいで「もうすぐ着く」なんて連絡してしまう。間に合うわけねぇじゃん、そんなん。

 

今後一切僕のことは信用してくれるな。ゼッタイだぞ。 

 

 

 

これ以上、思い浮かばない……。

 

まとめ:早大生よりも優秀かもしれない

ここまで書いておりてなんですが、早大生も大したことねぇなって感じてきました!

 

僕は、地図も時計も読めます。果樹園の地図記号だってなにも見ずに書けますからね?

f:id:onotaku75:20170804185927p:plain

 

なんなら、早大生なんかよりも僕の方が優秀かもしれませんね。なんたって、知らない都道府県とかさすがにないし。

 

いや~自分が優秀すぎてツラいッ!

 

そんな、早大生よりも優秀な僕を今後ともよろしくお願いします。

 

※早大生を揶揄するような表記はすべてジョークです。

 

合わせて読みたい!

【取材】月100万円稼ぐ18歳にインタビューしてきた

スポンサーリンク