誰にでも出来る仕事を続ける意味あるのかな?

f:id:onotaku75:20170808160635j:plain

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ愚痴らせてください。すぐに終わるので。

 

「あれ、これ僕じゃなくても他の人にも出来るよね?」みたいな仕事をするのってツラいよねって話です。

 

あれ、そこまで共感してもらえないですかね?

 

「また小野寺が喚いているよ」くらいの気持ちで読んでくれると嬉しいです。

 

いくらやっても満たされない気持ち

現在の僕の主な収入源は、大手クラウドソーシングサイトのランサーズで獲得したライティングのお仕事です。

 

主に、アフィリエイトの記事をコツコツ書いており、クライアント様にも恵まれたおかげで、我ながら順調に成長していると感じています。おかげで、人ひとりが生活するのには十分な額は稼げています。

 

自分で言うのもアレですがライティングに向いているようで、基本的に集中して記事を生成できるのですが、ふと我に返ることがあるんですよね。そんな時、いつも考えてしまいます。

 

「あれ、これ誰でも出来る仕事じゃね?」

 

「名前が記載されないってモヤッとするな」

 

「てか、自分のブログに書けばよくね?」

 

日に日に、こんなことを考える回数は増えています。今だって、手がつかなくなってブログに逃げ込んできました。

 

とは言え、ブログだけで食っていけるに十分な額を稼いでいるわけでもないのです。もどかしすぎるな……。

 

とにかく、実名顔出しで記事かいて、承認欲求満たしたい!切実に!

 

飽きっぽいだけ?それとも?

それから、最近の発見がひとつ。

 

単純に、匿名の外注ライティングに飽きてきたということです。

 

ランサーズ を始めたての頃は、頭を抱えながら苦戦していたような案件でも、今では割とスラスラ消化できるようになりました。

 

でも、始めたばかりの頃に比べてそんなに楽しくないんですよね。なんと表現するのが適切なのでしょうか、とにかく飽きてきたんです。

 

出来なかったことがある程度出来るようになってしまうと、飽きてしまうことってありますよね。僕だったらアルバイトなんかが良い例なんですが、たぶん今回もその筋かなと。

 

「これくらいやれば、こんな結果が出るのだな」と知ってしまってからは、それまで熱病に犯されたかのように熱中していたものですらも飽きてしまいます。

 

うーん。飽きっぽい性格も、そろそろどうにかしないといけませんね……。

 

【結論】ブログ書くのがハッピーなんじゃない?

ここまで書いて気が付いたけど、やっぱりブログを更新していくのが最もハッピーなんじゃないですかね!?

 

認められたいもん!

 

チヤホヤされたいもん!

 

もっと知られたもん!

 

書きたいのに記事に出来ていないこととか沢山あるし。まだ10代なのに髪の毛薄くなってきた話とかめっちゃ書きたいよ?

 

有名なブロガーさんが、「クラウドソーシングは時間の切り売りに過ぎない」と言っていた意味をなんとなく理解しました。

 

とりあえずは、最低限生活できるだけの仕事をこなしつつ、ブログをバンバン更新してみようかなと思います!

 

他にもいろいろやりたいことあるしね!

 

以上、愚痴でした!

スポンサーリンク