睡眠外来に通っていた僕がおすすめの睡眠の本を3冊紹介するぞ!

f:id:onotaku75:20170827163033j:plain

こんにちは、おのたく(@Derra_86)です!

 

最近、睡眠に関心をもつ人が増えているなと感じます。そういう時期なんですかね?

 

ほら、あのヒトデさんも睡眠に関心があるそうですよ!?

www.hitode-festival.com

睡眠に関するなんらかの問題を抱えている人は増えているようで、これからも増え続けていくのかなーなんて思っています。

 

日本生活習慣病予防協会によると、日本の成人の20%が慢性的な不眠状態だそうな。

 

参考:睡眠障害 | 生活習慣病の調査・統計 | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

 

そこで、今日はぼくが厳選した「これだけは読んどけっ!」という睡眠に関する本を3冊紹介します!

 

なぜ、ぼくが紹介できるかって?

 

何を隠そう、ぼくはこれまで過眠と不眠のどちらの症状でも睡眠外来を受診していたことがあるのです!

 

貴重な青春を、通院に費やしてまで得た睡眠についての知識や経験は、そんじょそこらの人には劣りません。

 

これまで睡眠に無頓着だった方も、これを機にじぶんの睡眠を見直してみてはいかがでしょうか?

 

こんな本は紹介しないので安心を!

睡眠についての本やコラムを読むと、決まり文句のようなものが目に飛び込んできます。

 

十分な睡眠時間を確保しましょう…

 

 

ブルーライトは眠りを妨げます…

 

 

寝る前のスマホは控えましょう…

 

あああああ!ムリに決まってんだろ!

寝る前のスマホが駄目なことくらい分かっとるわ!でも、止められねぇんだよ!

 

そんなふうに突っ込んでしまいたくなる内容の本は避け、ぼくの実体験ベースで「これ、いいやん!」って本をチョイスしてみました。

 

寝る前のスマホ禁止をだらだらと述べるような本は燃えればいいのにね。

 

スタンフォード式 最高の睡眠

「始めよければすべてよし」

 

そんな睡眠スタイルを知っていましたか?睡眠の質を高めるには、入眠後の90分間がもっとも重要になります。これを「黄金の90分」と呼ばれているそう。

 

そんな驚きの新事実が、最新の研究結果に基づいてまとめられています。さすがは、ベストセラーになるだけはあります。

 

この本の中で最も驚いたのは、プロのオペラ歌手は寝る直前に強いお酒を飲むということです。

 

喉こそが資本であるプロの歌い手が、なぜ強いお酒を飲むのか。そもそも、アルコール摂取した後の睡眠はよくないのでは!?

 

そんな、みんなが気になるアルコールと睡眠の関係性についても、新しい常識を知ることができます。

 

まんがでわかる!元気が出る睡眠

「まんがでわかる!」シリーズだからといって侮ることなかれ。睡眠についての基本知識がとても分かりやすくまとめられています。

 

朝寝坊や物忘れ、仕事中のケアレスミスなどを減らしたい方に特におすすめの本です!

 

レム睡眠・ノンレム睡眠とはなんなのか、日本人の多くが悩む「不眠」はナゼ起こるのかなど、ストーリー仕立てで説明されます。

 

 ちなみに、他の「まんがでわかる!」シリーズ同様、登場キャラクターがかわいいのも魅力です。杏子ちゃん、マジかわいい。

 

寝ても寝ても疲れがとれない人のためのスッキリした朝に変わる睡眠の本

ちゃんと寝たつもりなのに朝起きられない。いくら寝ても疲れがとれない。そんな、多くの現代人が抱えている悩みを解決してくれる頼もしい本です。

 

睡眠についての常識をビギナー向けにかみ砕いて説明しているという印象を受けたので、これから睡眠を学びたいという方向けかと思います。

 

睡眠の質を向上させるための、実践的な方法などにも触れられています。スッキリした朝を迎えるためのヒントがここにはあります。

 

著者の梶本先生は、これまでにも沢山の睡眠に関する書籍を出しています。それらと合わせて読んでみてもいいですね!

 

まとめ:睡眠はとても大事!

 

f:id:onotaku75:20170827174930j:plain

あらためて言うまでもなく、睡眠について学ぶことは大切です!いや、ホントあらためて言うまでもないんですけど。

 

ぼくらは、人生のおよそ三分の一をベッドで過ごします。それなのに、睡眠について無知ってヤバくないですか!?

 

そんなわけで、今後もぼちぼち睡眠について書いていこうと思います!ナビゲーションメニューにも睡眠カテゴリ追加したしね。

 

それらの記事をキッカケに、みなさんが睡眠について少しでも興味関心を持って下さったら嬉しいなーと思っています。

 

それではー!

 

※記事中のリンクから書籍を購入していただけると、ぼくにも一部報酬が入り、新しい本を購入する費用に充てることができます。

スポンサーリンク