18歳のうちに会社を作ることを決めたのでけんすうさんに会ってきた!

f:id:onotaku75:20170916193230p:plain

こんにちは、おのたく(@Derra_86)です。

 

HiveShibuyaにて開催された起業イベントに参加してきましたので、今日はそのレポートをお届けします。

 

今回のゲストはあの有名起業家です…!

 

会社を作ることを決意したこのタイミングで参加して本当によかったと思えるイベントでした。

合わせて読みたい!

【ご報告】18歳中卒、かねてよりの目標だった会社設立に乗り出しました

 

それではどーぞ!

 

ゲストは9万人のフォロワーを抱える起業家。一体なにすうさんなんだ…

今回のイベントの募集フォームには、ゲストの名前がありませんでした。唯一の手がかりは「フォロワー9万人を抱える起業家」とだけ。 

 

うーん、一体なにすうさんなんだ…

 

これはもう参加するしかないなと考え、ためらうこと無く参加を決めました。

 

なお、他の参加者の方はゲストがけんすうさんであることに気が付いていなかったようでした。あれ、まるでぼくが邪な気持ちで参加してるみたいじゃないか…

 

けんすうさん、質問してもいいですか?

今回のイベントは、けんすうさんとSkyland Venturesの木下さんに起業に関する質問をするといったものでした。

 

参加したのは、20歳前後の大学生や高専生。それぞれが起業を志望していたり、すでに事業を始めている方々でした。

 

イベントのリアルタイムでの実況はこちらから確認することが出来ます。起業についての有益な情報がたくさんありますので、よければ参考にしてみてください!

 

 

けんすうさん、裁判沙汰起こしたってホントですか?

 

けんすうさんがぼくとそう変わらない年の頃、裁判沙汰や警察沙汰に巻き込まれたというエピソードを耳にいていました。

 

 ▼この動画内でも語られています

 

そこで、ぜひともご本人に真相を伺いたいと考え質問させていただきました。

 

どうやら、したらば掲示板でのユーザー管理や既得権益などで様々なことで警察や裁判のおせわになっていたようです。こういったことに巻き込まれる可能性もあるのだと知りました。

 

またこの話から派生して、「若いちに大きなリスクを取るべき」ということも仰っていました。やはり年齢を重ねると背負うものが増えてしまい、リスクをとれないようです。

 

けんすうさん、株式会社と合同会社のどちらでやるべきですか?

個人的にけんすうさんに尋ねたいことがあったので、イベント終了後に直接質問をしました。それについてもまとめてみます。

 

ぼくは、もともと資金の都合のこともあり合同会社として会社を設立するつもりでした。しかしながらその反面、今後ステップを踏むためには株式会社にすべきなのではとも迷っていました。

 

そこで、実際にスタートアップなどにも積極的に支援されているけんすうさんの意見を伺おうと考えたのです。

 

その答えは至って単純。合同会社よりも株式会社の方がゼッタイにいいとのことでした。

 

出資していただくにしても株式会社でなければ話にならないとのこと。それから、たかが10万円ほど調達できなくてどうするという旨の温かくも厳しい意見を頂戴しました。

 

また、けんすうさんは株式会社でないと越えられない壁もあると仰っていました。

 

こういったこともあり、迷っていたことから吹っ切れて株式会社を設立することを決意しました。けんすうさん、本当にありがとうございました!

 

おのたくは会社を作ります!

というわけで、私おのたくは会社を作ることにしました。来月の末に19歳を向かえる前、すなわち18歳のうちにです。

 

現在、法人登記するための資金をpolcaとVALUにて集めています。最後にこれらについて説明してレポートを締めさせていただきます。

 

今回の資金調達は主にpolca、足りないであろう部分はVALUにて行います。あくまでVALUは副次的なものとして考えてください。

 

目標調達額は以下の通りです。

 

  • 登記費用 約23万円
  • 資本金 5万円

 

そしてpolcaでの支援は、支援金額によって3つに分けさせていただきました。それが以下の通りです。

 

【一口1,000円】

来月誕生日を迎えてしまうので、18歳のうちに法人登記したい! - polca(ポルカ)

 

【一口5,000円】

18歳のうちに法人登記したい!【5,000円】 - polca(ポルカ)

 

【一口10,000円】

18歳のうちに法人登記したい!【10,000円】 - polca(ポルカ)

 

目標値は無謀だと思われてもしかたのない金額ではありますが、やるからにはなんとしてでも登記まで辿り着きます。また、支援していただいた方の信頼を裏切ることはゼッタイにしないことを約束します。

 

よろしければ、上記のリンクからご支援、または拡散していただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

 

合わせて読みたい!

【ご報告】18歳中卒、かねてよりの目標だった会社設立に乗り出しました

スポンサーリンク