おのたくブログ

2度も高校を中退したぼくが「それでも」をつづるブログ

実績のない僕ら若者は、結果を示すことでしか信頼を得られれない

こんにちは、おのたくです。

 

今日はとあるツイートに触発されて、ぼくの意見を述べてみようと思いこの記事を書いています。そのツイートというのがこちらです。 

 

こちらのお二方は、MacBookおじさんとして若者に投資をしていらっしゃる方々です。かく言うぼくも、タクスズキさんからご支援いただいたうちの一人です。

参照:MacBookおじさん.com

 

お二方のツイートは核心をついていると感じましたので、被支援者としての意見も交えながら語っていこうかと。これから何か支援を求めようと考えている若者は、何かしらの参考になるかと思います。

 

僕ら若者は、結果を示すことでしか信頼を勝ち取れない

実績のない僕らが信頼を得るためには結果を示すしかありません。誠実さとかやる気なんてものは、結果の副次的なものにすぎません。だから、やる気ばかりを前面に押し出しても人は心が動かないのです。

 

では、なぜ結果を示すべきなのかと言いますと、すべての結果は行動しなければ示すことができないからです。視点を変えると、「行動した」という結果がそこに生まれるわけです。

 

行動するだけなら簡単だと思うかもしれませんが、案外みんな口だけで動いていません。行動に移すことができているのなんて、ほんの一部の人のみです。

 

あなたは行動できているでしょうか?また、それを継続できていますか?今一度、じぶんの行いを振り返ってみると気づきがあるはずですよ。

 

結果とは、どんなかたちでも示すことができる

では、支援してもらえる人はどんな結果を示しているのでしょうか。ぼくから見る彼らの特徴をざっくり書き並べてみました。

 

※ここでは、ぼくと同じくタクスズキさんからの支援を受けた二人を例に出してみます。 

Aさん(大学生・19歳) 

・アフィリやプログラミングに精通

・それらで月数十万の収益をあげている

・他人に技術を惜しみなく教えている

 Bさん(大学生・19歳)

・ブログをこよなく好いている

・ツイキャスなどでも発信を続ける

・クラファンにもすぐ挑戦した

 

それぞれやっていることや、残している結果なんかは違いますが、アクションを起こしているとこは共通しています。Aさんは継続の期間が圧倒的に長いので真似るにはハードルが高いですが、Bさんは模範にできるかと思います。 

 

ぼくの場合ですと、フリーランスの卵としてすでに生計を立てているという点が評価されていると自負しています。これなんかモロに他者と差別化できていますしね。

 

 反対に、応援されない典型はこういった感じでしょう。煽り抜きに友だちにこういうやつ一人はいますよね。

応援されないCさん

・これからブログを始めたい

・普通に就職するのはイヤだ

・口だけ達者で行動することはない

 

これはさすがに極端な例ですが、Cさんのような人がいるのも事実のようです。反面教師にしていきたいですね。

 

重要なのは「行動」と「継続」ですよ。

 

やるかやらないか、それだけのことではないだろうか

以上が、ぼくがこの記事を通して伝えたかったことです。高圧的な表現が多くなってしまい申し訳ありません。

 

支援してくださった方にゴマをするようであまりこういった事は話題に出さないようにしてきましたが、今回は冒頭で引用したツイートの衝撃があまりに大きかったので文章として書き出してみました。

 

タクスズキさんもおっしゃっているように、質や大きな実績なんて求められてはいないんですよ。やるかやらないか、それだけの事だとぼくは考えています。そうハードルは高くないはずです。

 

あとは簡単ですよね?行動あるのみですよ。

スポンサーリンク